FC2ブログ

来たコレ

本日発売。
空手家も必読。
IMGP1112.jpg
ヤバイです、もう全然追いつきません・・・・・涙

ビフォー

三ヵ月後、見ててくださいよ。                     IMGP1110.jpg

昔の本 その1

何年か前にシンガポールから数名、青森か北海道に空手の達人を探しに来たというニュースを
覚えていないでしょうか?
その時に、「私ではないか?」と名乗り出たのがこの人ですね。
もうお爺さんのような感じでしたが、当たり前ですがこの時は若いですね。
81年8月5日 第一刷発行になってます。
買おうかどうしようか迷ったのを覚えてます。
                      NEC_0183.jpg


第2回 全日本格闘技選手権

その日、私は大阪府立体育会館のマットの上に立っていた。
昭和63年くらいであろうか。
相手は体が私より一回り大きい、シューティングのO選手だった。

その大会を知ったのは格闘技雑誌からだった
前年に第一回が開催されており、その過激さは当代随一だったと思う。
大会名は「全日本格闘技選手権大会」
まだまだ総合格闘技という名前や、戦い方のセオリーが定着する遥か前の話だ。
ルールは、打撃、投げ、関節、締めあり。金的攻撃もありだったろうか?
金的は覚えていないが、とにかく今で言う何でもありだ。
(書いていて思い出したが、ありだったかも。もつれ合いながら相手の股間にパンチを出したような記憶が・・・)
顔面に関しては、掌底での直接攻撃が認められていた。
「何だ掌底か、今は薄いオープンフィンガーでの攻撃や、ムエカッチューアなど素手で殴り合っているじゃないか」と思われる方もいるかも知れないが、当時、顔面攻撃はまだまだ新鮮で、顔面攻撃はどうするのか?という問題がまだまだ空手界に投げかけられている時代で、掌底OKというだけでも十分衝撃的だった。

主催は元極真全日本王者、故大西靖人氏である。何年か前に肝臓病で亡くなられている。
現役当時も肝臓を患われていて、長期戦は無理だからと、一撃必倒のためのパワートレーニングと、当時最先端の技術であった奥足ローを駆使して、短期戦で一本の山を築き一気に頂点まで駆け上がったと記憶している。
そんな氏の格闘技観が、反映されたルールだったのだろう。

その日の朝、出場選手は会議室のような所に集められた。
全部で20数名だった。
「やけに少ないな、そうだよな、こんなルールじゃ集まらないよな」
などと思いながら、ルール説明を受けていた。
はっきり言って説明を受けながらビビっていた。
それ用の練習など全くしていないばかりか、関節や締めなど全くわかっていないし、何より未知のものに対する、得も言われぬ恐怖感があった。
もっとも、他の選手もこれ用の練習などはしていなかったと思うが・・・・。
一通り説明が終わると役員が
「では、この用紙に署名してください」
と、みんなに誓約書が配られた。文面はストレートに
「死亡・もしくは後遺症が残っても一切不服なし」こんな感じだったと思う。
「こんなルールの説明を聞いたあとでサインするのは嫌だなあ。」
などと思っていると、みんな意外とスラスラと書いている。
ここで、ビビッていると周りに悟られ訳にはいかないと思い、私も何気ない顔を装いサインをした。

試合は人数が少ないからであろう、4ブロックに別けてのリーグ戦だった。
私は、よりによって第一試合であった。
2,3試合見てからやりたかったがどうにもならない。

客の入りは半分くらいだろうか?とても満員とは言い難かった。
一人でアップをする。
当時から、どの大会に出るのも常に一人だった。
敵地で一人で孤独に耐えるのも、自分を鍛える要素の一つという思いもあったし、たった一人で行って良い成績を収めたら痛快だろうという思いもあった。
ただ近年、仲間が居てくれて大会に出たことが柔術を含めて数回あるが、やはり心強くはあるし、荷物の管理など、色々な面で自分自身が気を使わずに済むというのは助かるとは思った。

そのうち開会式も終わり、試合の準備も整い名前がコールされた。
もうここまで来たら、怖いの何のと言っていられない。
肚を決めるだけだ。
対戦相手は冒頭にも書いたシューティングのO選手だ。
「始め!」と合図がかかった。
どう闘って良いかわからなかったし、相手も同じように戸惑っていたのではないだろうか?
しばらく睨み合いが続いた。
審判に、お互い攻撃をするように促された。
とにかく何かの攻撃を仕掛けていったと思う。
次の瞬間、相手の掌底が私の顔面にヒットした。
ダウンだ。
ダウンを取られた。もうその後は何も覚えていない。結局、その試合は負けてしまった。
その他の試合もほとんど記憶にない。
あるのは、組み技系の選手と闘って、右ミドルでダウンを取ったあと、副審の一人が私に対して執拗に反則の笛を吹いている。こんな場面しか記憶にない。
あれの何が反則だったのか今もってわからないが。

出場者の実力は玉石混淆 の様を呈していたと思う。
闘い方は、現在の総合のそれではなく、各自が修めている格闘技のぶつかり合いで、まさに異種格闘技戦。
強いて言えば初期UFCに近い感じではないだろうか?
やはり昔なのでレベルはそれ程高くなかったと思う。
試合は、このルールなので怪我で棄権する者やドクターストップ、ひいては救急車で運ばれる者もいだが、何故か私のブロックには、そのような者が一人もいなかった。
ブロックによっては負傷者が多く、労せずして勝ち星を重ねられた人も居たと思う。
私の戦績は3勝2敗くらいで、結局決勝リーグには行くことはできなかった。

優勝はN畑さんという、当時オープントーナメント荒らしとして名を馳せていた人だ。
ファイトスタイルは一言で言うと「気合の組手」である。
後に色々な大会で顔を合わせるなどして親しくさせて頂いた。
N畑さんとは同じ日本空手協会出身である。
この人も常に一人だった。カッコ良い。

帰りの新幹線では、悔しさに包まれ顔を腫らしながらも、どこかホッとしている自分が一人そこにいた。

当時は過激でまだまだ競技者も少なかったが、今は選手層も技術も上がっている総合のリングに、多くの若者が臆することなく参戦していることについては、隔世の感がある。

この大会は現在、九州の実戦空手の団体が受け継いでいるのではないだろうか。

また切れてしまいました。

             IMGP1135.jpg

           やっぱプロは手際が違いますよ。

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

オーバー40クラス

土曜の19:00~20:00は40歳以上のクラスです。
他にも40歳以上の方は何名かいますが
このクラスに参加されているのは、この3名です。
いやぁ、徐々に上達してますね。
 
 
s-IMGP1137.jpg

このクラスも会員募集中です!
 (30代後半も可)

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

ついに今日から

今日からキック教室の開催ですよ。
どうぞよろしくお願いします。

               s-IMGP0775.jpg

日時:毎週月曜日20:30~21:20
場所:リフレッシュプラザ柏多目的ホール
費用:一回500円
講師:上杉隼土
持ち物:運動できる服装(シューズは必要ありません)、タオル、飲料など。
お問い合わせ・主催:
リフレッシュプラザ柏

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

燃えてます

今週日曜ブリザードジムの大会に出るK塚さんです。
もう、相当絞ってますよ。
メラメラ来てますね。
            
             IMGP1152_convert_20090407102817[1]

続いて、当ブログ最多出場の、
「ライト級に出たいにも関わらず、70キロ台後半の肉体を持つ男」様です。
日々増量しています。謎です・・・・・             
           IMGP1150_convert_20090407103217[1]




テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

昔の本 その2

今、何故「昔の本」シリーズなのか?
それは書くネタが無くなってきたからなんです。

という訳で今回はベニーユキーデの本です。
82年6月25日初版発行になってます。
これは迷わず買いましたよ。

      IMGP1153.jpg


中身はこんな感じで。
  IMGP1154.jpg

こういった実戦的な技術書ってほとんど無かったので
画期的でしたね、当時は。

今回、色々探してみましたが無くなっているのが多くて残念でした。
多分引越しのときですね。

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

昔の本 その3

きましたよ。
山崎照朝 無心の心ですよ。
この本が、確かスポーツライフ社の格闘家自伝シリーズの第一弾だったと思います。
 
     IMGP1155.jpg
81年11月15日 6版発行を買ってます。
結構売れたんですね。
          
     IMGP1156.jpg

やっぱり自伝を読んだ直後は、夜空に向かって正拳突きでしょ!

春の入会キャンペーンあと5日

只今、松戸本部道場では春の入会キャンペーンを実施しています。
15日までとなっておりますのでお早めにどうぞ!

内容は
1、入会金100%off
2、空手衣無料プレゼント
s-IMGP1157.jpg
お問い合わせは
047-349-0577
honbu-fullcon@k2.dion.ne
.jp

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

昔の本 その4

ご存知、黒崎師範の
続 必死の力・必死の心です。
続ではない、第一集目は見当たりません。
無くなったようです・・・・・・
この、「続」の方は体力増強法とか体質改善法などが主に載っています。
これもスポーツライフ社からで、81年10月25日第二版です。

    s-IMGP1161.jpg        s-IMGP1165.jpg

黒崎師範と言えば第一回トーワ杯で、「黒崎賞」というのを設けたんですね。
これは、勝敗に関係なく魂のこもった試合をした者に贈られるというものだったんです。
結果として第三位の阿部健一に贈られたのですが、非常に迷った人物が一人いたと。
それが現ボディボックス会長の横地健至だったんです。当道場hpリンク参照

二回戦目ぐらいで延長4、5回を戦い、負けはしたのですが、
雑誌等では黒崎師範は、この横地の戦いぶりを絶賛していて、本当に阿部と迷ったというような事が記されていました。

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

ブリザードジム アマ大会 HATURATU 6

本日は大森のゴールドジムで、お馴染みのブリザードジムの大会が開かれました。
本部からBクラスにK塚選手、AクラスにS藤選手の二人が参戦。

まずはBクラスのK塚氏。
序盤から、結構打ち合ってクリーンヒット等もあったのですが
若干疲れた感じを見せてしまい、残念ながら僅差の判定負けです。

IMGP1170.jpg
IMGP1168.jpg


続いてAクラスのS藤選手。
IMGP1178.jpg

相手はプロ選手だけあって、序盤かなり圧力があり、見ていても強い選手だと感じさせられました。
と、そのうちS藤選手の得意の後ろ蹴りが、相手のボディに突き刺さりました。
しかし、これはダウンに至りません。
その直後、この後ろ蹴りがフェイントとなりバックハンドが炸裂。
ダウン!
大月かよ!
そして最後の詰めで、膝の連打で2度のダウンを奪い試合終了。
前回のナイスミドルに続き、またの短時間KOです。

IMGP1182.jpg
二人ともナイスファイトでした!
お疲れ様です。





サービスショット
s-IMGP1166.jpg

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

昔の本 その5

今回は芦原英幸、さすらい空手です。

21歳頃、総本部見学のためだけに、四国へ行った事があります。
芦原氏の鋭い眼光が、今でも忘れられません。
結局入門しませんでしたが、もし入門して四国で何年か過ごしていたら
また今とは違った人生だったかも知れません。
   
     IMGP1203_convert_20090415090141.jpg      IMGP1209.jpg

81年11月10日初版発行
テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

大会が近いので

少年部は、組手中心の練習です。
まずは、面なしの総当たりで軽く一周して・・・
IMGP1225.jpg

次に同じ力量同士で、面をつけて強めに行いました。
IMGP1275.jpg
IMGP1236.jpg

怪我をしないように、組手は今週いっぱいです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

試合結果

昨日、全日本キック CROSSOVER-2 が新宿フェイスで開催された。
超越塾からは上杉・倉持が出場。
両者判定敗となった。

上杉 右

IMGP1310.jpg


倉持 左

IMGP1327.jpg




CIMG0409_convert_20090419122203.jpg


CIMG0411_convert_20090419122250.jpg

応援いただいた皆様ありがとうございました。

珍しく

柏の夜の帝王こと、I井さんが自主練で組手です。
  

  IMGP1386.jpg
   貴重なショットです。

昔の本 その6

今回は日本拳法出身の猪狩元秀「最強への挑戦」です。
         IMGP1278.jpg

日拳の防具は、汗を吸った道衣の上に着用すると5キロから7キロの重さになるそうで
これで長時間、効かせ合いの組手をやっていれば、基礎体力は上がるし一撃の威力も上がって来るでしょうね。
プロでやっていけたのも、この時築いた体力が大きくモノを言ったと書かれています。

           IMGP1473.jpg
左から二番目は多分、佐山サトルですよね。
確かこの時の佐山氏はまだ無名で、相手は全米プロ空手のマークコステロという選手だったと思いました。
キックルールで戦い、かなりの数のダウンをもらって、打撃の重要性に開眼したんじゃなかったかな?
この時は全米プロ空手対日本キックの全面対決みたいな感じでしたよね。
興奮しながら見てましたねー。

82年1月25日初版発行


テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

小学生空手教室 第二回目

リフレッシュプラザ柏主催による、今期の小学生空手教室がスタートし
今日はその第二回目です。                               
            IMGP1482.jpg

短期間なので、みんな最後までがんばってくださいね!

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

あれ?

先日発売の、某格闘技雑誌の魔裟斗の特集の中で、魔裟斗が一時期お世話になっていた、藤ジム代表の加藤先生へのインタビューページがありました。

記事の中に、ジムの名札の写真があり   

IMGP1518.jpg

魔裟斗の右6個目くらいに
IMGP1519.jpg

元本部道場生にして、現たかの接骨院の院長、そして明日のフルファイの救護担当の高野先生のお名前が・・・・
そうなんです、高野先生は昔、藤ジムにいたんですよね。
明日は、よろしくお願いします。

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

ゴロゴロの日

本日の寝技練習会は
柔道二段のk塚氏、
ねわワ柏代表の庄子さん、
柔術衣と柔道衣を4、5着持っている塩ちゃん、
そして格闘技愛好家の私の4名で行われました。
     
     IMGP1521.jpg
しんどかったけど、勉強になりました。
またお願いします。

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

第5回フルコンファイト新人戦

昨日、市内の和名ヶ谷スポーツセンターで当流派が加盟する、NPOフル空連の大会が行われました。

当道場は
トーナメント優勝者1名
ワンマッチ勝利者6名という結果になりました。


まずは入賞者の全体写真から   
 IMGP1524.jpg

続いて軽重量級優勝の中村慎吾選手       
IMGP1527.jpg

今回全ての選手が、各自の試合を一所懸命がんばったので、まずそれは非常に良かったと思います。

今回、トーナメントで優勝した中村君とワンマッチ2勝を上げた宮本君は土曜日の上級クラスの常連です。
そして現在、上級に来ているのはこの2名だけです。
土曜日に他の習い事など無ければ、他の子もドンドン来て欲しいと思います。
火曜の組手クラスも同様です。

最後に、スタッフの皆さんは朝早くから終了後の後片付けまで、
ご父兄の皆様は最後までご声援ありがとうございました。


テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

昔の本 その7

松田隆智の「謎の拳法を求めて」です。
主に中国拳法に関しての考察やエピソードなのですが
それにからめて自身の体験から伝統空手・ボクシングの長所・短所なども書かれており中々興味深いです。
この本がきっかけで站椿(立禅)をやり始めたと思ったのですが、やり方が書いてないな・・・
なんの本だったんだろう?
    
        s-IMGP1531.jpg

52年6月 2刷発行

テーマ : 空手
ジャンル : スポーツ

月別アーカイブ

リンク
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード