FC2ブログ

初段第九十九號 五字条星

IMG_7314.jpg


空手を続けて

                                       五字条星

 僕が空手を習い始めたのは、幼稚園の年長のときです。習い始めたきっかけは、なにか習い事をしてみたくて空手を見学に行った事です。そこで空手をやっている人たちがみんなカッコよくて自分もやってみたいと思いました。 
 空手を始めると、師範もみんなもやさしくて空手をやることがとても楽しかったです。少し経ち、ある程度基本が身についたところで自分の力を試してみたくて、初めて審査をうけてみました。初めての審査できんちょうしましたが、自分の力を精一杯出せて無事受かりました。僕はその時四時半からの初級クラスに通っていてあまり色帯を見たことがなく、その審査で色帯の人達を見て、「カッコいいな」「俺もあんな風になってみたいな」と思い、黒帯になりたいという夢ができました。
 小学校に入ると、僕は初級クラスから今、通っている普通クラスに行くようになりました。また、黒帯の人がみんなをまとめているのがすごいと思いました。そこから審査を受けだんだんと上の方の帯になっていきました。帯が上がっていくと、強い人と組手をすることが多くなってきました。組手がつらくてやめたくなるときもありました。組手がつらくていやになって帰ってもう一回覚悟をきめてまた行って。それを繰り返しているといつの間にか強い人との組手にもたえられるようになり精神力がついてきました。そして試合でも勝てるようになっていきました。それから組手はつらいという気持ちから楽しいという気持ちに変わっていきました。
 審査も順調に受かっていき一級の時です。初段を受けるには大会で入賞するという条件があります。しかし、僕はまだ入賞したことがありません。早く入賞しないと黒帯になれないと思いました。僕はその時小学校六年生で中学生になると部活が忙しくなり空手が思うようにできなくなることがなんとなくわかっていたからです。この大会で入賞できなかったら黒帯になれないと思い、必死に練習します。土曜日の上級クラスにも行き、がんばりました。そして努力の末、僕は大会で入賞することができました。とてもうれしく安心しました。俺はやればできると自分の自身にも繋がりました。
 そして思っていた通り中学校に入ると部活が忙しくなりました。勉強と部活と空手を両立させやっとの事で、初段を合格することができました。
 空手をやっていて体力、精神力がつきました。そして自分はできるという自信を持てました。諦めずに八年間続けてきてよかったです。これからも何事も諦めずがんばっていきたいです。

26日(土)

IMG_7330.jpg


「小手絞り」
相手の頭は自分の頭より低い位置で仕掛ける。
右手で絞める場合は、自分の体を左に倒す。
この時相手の近くに倒れる。遠いと抜けやすい。
相手が回転して逃げたくなるので、右足を相手の背中に乗せて回転を防ぐ。

「下からの三角」 再確認
・自分の足の間に相手の腕が必ず一本だけ入るようにしたい。
・仕掛ける瞬間は、肩で立つようにし、自分の股間を相手のアゴにぶつけるようにする。
・相手が潰して来た時は、肩で歩いて後退する。
・相手の右手が中に入っている形の時は、自分の頭を右に振り、三角の形をタイトにする。
・その右手を、自分から見て右に流したいが、その際はその上腕を押すようにすると小さい力で流せる。

お疲れです。

月別アーカイブ

リンク
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード