FC2ブログ

K プロテクターヘッドガード(ネオヘッドギア空)をつけての練習

飛沫対策としてこの面を付けて行います。



予定として、14日から水曜日20時~  土曜日19時~ に行います。
(土曜日は40歳以上クラスでしたが、フリーとします)
内容は動画の通り、約束・ライトスパー・ミット。

参加者は、この面かスーパーセーフが必要です。
また大きなグローブに頼ったガードをしないよう、小さめのグローブ推奨。

合同としますが、参加は自由です。
(同じ時間帯で自主練習をしていても構いません)

なお、首相撲・寝技は密着度が高いので今のところ行いません。

※参考
左側 K プロテクターヘッドガード  右側 ネオヘッドギア空
IMG_7964.jpg
左はマジックテープ式なので着脱は容易です。
右は紐式なので固定感は高まります。
その他細かい所は若干の違いがありますが、大まかには同じです。

追記
IMG_7967.jpg
スーパーセーフは正面の穴をテープ等で塞いでください。
プラスチック部、下部が大きめに開いているので、呼吸はできると思います。

合同稽古

せっかく始まった一般部合同稽古ですが、
ここに来てのコロナの状況を考えると一旦中止にします。
但し自主練での対人稽古は可とします。
その際はマスク着用の上、ポリカーボネイト製の面(スーパーセーフ・K プロテクターヘッドガード等)
を着用し、十分注意しつつ行って下さい。

少年部は対人稽古(約束、自由組手)をしばらく中止にします。

また、繰り返しになりますが、体温・体調に異常のあった場合は
念のため、お休みしてください。

少年部にはいつも言っていますが、
大事な事が二つあると。
まず基礎体力・フィジカル。
もう一つは個々の基本技。(威力・切れ・正確な受けの動作等)
一般部も同様です。
これらは別に対人稽古をやらなくても鍛えられます。

そして、これらを研ぎ澄まし、鞘に収めていつでも抜けるようにしておく。
試合などが始まったら、すぐに抜けるようにしておく。

そして、こういう地味な稽古を継続して出来ることも武道だと思います。



水谷さんと川田さん

川田さんもス-パーセーフ買いました。



久々の対人な上に、ただでさえ苦しいスーパーセーフにマスクでしたから相当疲れたと思います。
お疲れです。


グローブ論

さて、ここに来てポリカーボネイト製の面を使用することになったのと、
丁度、道場でグローブについての話題が出たので、
防具と空手についての考えを書いておきます。

まず塾内すべての一般部の人に言っておきますが、
グローブが先にありき、ではないですよ。

考え方として
「本来は、空手なので素手、素面の顔面ありの直接打撃制だよね。
でも、それは流石に危ないから、何か安全な用具を付けて行おう。
流派によって色々な考えがあって、それぞれ違う用具、方法を採用しているけれど、
長い歴史があって、ある程度の安全性と実戦性と一般性(用具の洗練度など)があるグローブはどうだろう?
掴みが出来なかったり、大きさに頼った受けをしてしまったり、正拳以外の技を使いにくい等のデメリットもあるけれど、総合的に考えるとグローブがベターでは」
という流れからグローブを使っているのであって、
繰り返しますが、先にグローブありき、ではありませんよ。

で、今コロナの状況で顔はポリカーボネイトの面を着用しているので(松戸本部は)
手はある程度自由で良い訳ですから、上記のデメリットを比較的解消できる訳です。

ちなみにこの動画は昔の記事にも書いた日神会(当時)の平岡氏の掌底フック。


グローブをしない事によって掌底という空手の技を使う事ができます。

掌底の例を出しましたが、空手は本来、素手っていう事を忘れちゃだめです。

続きを読む

GWの予定

カレンダー通りとなります。

月別アーカイブ

リンク
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード